セントレア駐車場 比較サイト

中部国際空港 セントレア について

セントレア駐車場

IATA空港コードはNGOで、開港前に名古屋空港(通称:小牧空港)で使われていたものを継承している。2010年4月現在、定期国際線は旅客便週277便、貨物便週13便が就航する。

 

愛称のセントレア (Centrair) は、英語で「中部地方」を意味する"central"と「空港」を意味する"airport"を組み合わせた造語で、一般公募の中から選ばれた。
商標として登録されており(商標登録番号:第4566713号)、空港内の施設の名称や空港島の地名にもなっている。

 

また、英語での正式名にも使用されている(日本初)ことから、航空交通管制における当空港の呼出名称にも使用されている。

 

国際空港評議会 (ACI) による年間利用者数500万から1500万人の国際空港評価で2005年から4年連続の世界1位。2011年は、3年ぶりに世界1位となった[1](旅客ターミナルビル3階案内所後方に展示)。

中部国際空港 セントレア について記事一覧

中部国際空港 セントレア 旅客施設

〇鉄骨4階建〇延べ床面積:約22万 m2(南北約1,030m×東西約500m)センターピアをはさんで北ウイング(国内線)、南ウイング(国際線)が配置された折り鶴をイメージしたT字形の構成であり、旅客の移動距離の短さが特長である。到着は2階部分、出発は3階部分にまとめられている他、チェックインカウンタ...

≫続きを読む

中部国際空港 セントレア 商業施設

総店舗面積、約11,000m2。他の空港では小規模な店舗が点在するのに対して、まるは食堂、矢場とん、えびせんべいの里など100店舗以上の地元や東西の有名店、レストランが集合している。ショッピング街としてスカイタウンには、開放的なヨーロッパ調の街並みの「レンガ通り」と、照明を落として古い日本の商店街の...

≫続きを読む

中部国際空港 セントレア 主要都市へのアクセス

名古屋でレンタカーを借りるなら、ここで比較される事をおススメします。

≫続きを読む