セントレア駐車場 比較サイト

中部国際空港 セントレア 旅客施設

〇鉄骨4階建

 

セントレア

〇延べ床面積:約22万 m2(南北約1,030m×東西約500m)

センターピアをはさんで北ウイング(国内線)、南ウイング(国際線)が配置された折り鶴をイメージしたT字形の構成であり、旅客の移動距離の短さが特長である。

 

到着は2階部分、出発は3階部分にまとめられている他、チェックインカウンターから搭乗ゲートまでおよそ300mと近い。

 

T字型形状に合わせたスポット配置は、計画時に航空関係者を含めて検討を行い、入隅部の機材運用に若干の制約がある。ただし、スポットによっては、出発の際に長い距離をタクシングする必要があり遅延を発生させる原因のひとつである。

 

〇インラインシステム(In-Line System)
保安検査は、チェックイン後の手荷物の搬送、仕分けの過程で検査を行うインライン方式を採用している。

 

通常行われる検査方式では、チェックイン前の手荷物検査で検査場が混雑し、行列が出来てしまい、出発時刻よりかなり早く空港に来る必要があった。
インライン方式にすることで、旅客ターミナルビルをコンパクトにすることが出来、乗客は搭乗までの時間を食事や両替など、旅の準備に使うことができる。

 

イギリスなどで行われている多段階の検査方式と同様なものである。
ターミナルビル1階には、常滑郵便局セントレア分室[23]が置かれている。

 

〇センターピアガーデン : 木々が立ち並び、ガラス窓の天井から光が差し込む吹き抜けの全天候型の庭園。

 

セントレア施設内写真

セントレア駐車場

中部国際空港 セントレア 旅客施設関連ページ

商業施設
セントレアまでのアクセス
主要都市へのアクセス